世界に10台しかないハーレーの魅力

3月 19, 2018 - SLhar7uK

Comments are off for this post.

世界に10台の限定モデルハーレーダビッドソン

2016年に行われた東京モーターサイクルショーにおいて、多くの波紋を呼んだマシンの1つが、ハーレーダビッドソンです。
正式に言うと、ハーレーダビッドソン仕様の別のマシンなのですが、もはやその性能は、限定モデルハーレーダビッドソンと言っても、過言ではありません。

フランスのモーターサイクルメーカーである、AVINTONによって生産されたこちらの限定モデルは、何と世界で10台限定のみ製造されるという徹底ぶり。
その価格は一台867万円として、超高級車が誕生したと驚愕されました。

もちろん、ただ無闇やたらに高く価格設定がされている訳ではありません。
まず見た目が明らかにハーレーダビッドソン仕様となっており、一見本物のハーレーダビッドソンと見間違う程。
ハーレーならではの、ハーレーダビッドソン仕様のアメリカ製空冷45度Vツインエンジンも搭載し、ハーレーの特徴を実に捕えるスタイルが完成したと言えるでしょう。

更にこちらの限定モデルでは、更にアヴィントン仕様として、エンジンが特注仕様となています。
その結果、総排気量が1647ccというとんでもないモンスターマシンが誕生し、パワーでは他に負けない、圧倒的力強さを持つマシンが完成しました。

特別仕様車として呼び声高く、設定価格にも納得の機能性とクールな見た目として、モーターサイクルショーの参加者の注目を集めたのです。

アヴィントンのコピー能力とアレンジ能力の高さが圧巻

アヴィントンはハーレーダビッドソンに限らずに、実に様々なタイプのマシンを販売しています。
特に人気が高いものが、車をバイクとして再現した、コレクターシリーズです。

1960年に製造された伝説のスーパーカーとして知られるACコブラを忠実にバイクで再現したとされているのが、アヴィントンです。
当時人気絶頂とされていたコブラが、まさかバイクになるわけが無いと世の人々は半信半疑でしたが、その忠実な再現率に衝撃が走りました。

実際にコブラに乗って居た方も納得の仕上がりで、そんな高いコピー能力、技術力を駆使して作られたのが、限定10台で発表されたハーレーダビッドソンなのです。

あわよくば本家を追い抜け追い越せし、より良いマシンを世に提供する為に、日々進化を続けているのが、アヴィントンの特徴になります。
過去にスーパーカーを再現したことに留まらず、日々技術を学び進化を遂げることで、新しい技術も積極的に取り入れ、より良い環境でマシンを作る事が可能となっているのです。

限定10台モデルとして発表をされた、ハーレーダビッドソンは、そんなアヴィントンの高い技術力をふんだんに盛り込んだ、アヴィントンならではの信頼感の高いモデルと言えるでしょう。

Share this article

SLhar7uK