ハーレー乗りとエンジニアブーツ

8月 24, 2017 - SLhar7uK

Comments are off for this post.

ハーレーに乗る時には靴もかっこよく決めて!

ハーレーダビッドソンは、乗りやすさはもちろんのこと、見た目のカッコよさも人気の理由として知られています。
ですが、ライダーのファッションがダメダメでは、せっかくかっこいいバイクも台無しです。
バイクのカッコよさを損なわないようにするためにも、ファッション、特に靴にまで気を抜かないようにしましょう。

ライダーに人気のシューズと言えば、やはりエンジニアブーツです。
見た目のカッコよさはもちろんのこと、エンジニアブーツはバイクに乗る際に、様々な安全面を守り、ライダーの足元を守ります。
より快適にライディングをしたいという方にとっては、正に欠かせないアイテムと言えるでしょう。

エンジニアブーツがライダーの安全を守る?

エンジニアブーツの素材は、レザーです。
ただのレザーではなく、非常に丈夫で、非常に質の良いレザーが利用されていますので、強い刺激からライダーを守ってくれるでしょう。
例えば、バイクが自分の足元に倒れてきた際にも、ブーツの頑丈さが、ライダーを救います。

その頑丈さの秘密は、レザー部分だけではなく、エンジニアブーツのつま先に含まれている、スチール。
ブーツには非常に頑丈なスチールが中に入っていますので、試しに叩いてみると、まるで木の板を叩いているかのような感覚を味わうことが出来るでしょう。
この硬さが、ライダーの足元をダメージからしっかりと守ってくれるのです。

他にも、エンジニアブーツは素材上、水分やオイルなどの液体類にも非常に強くできています。
その為、雨の日に履いても、誤ってオイルを靴の上に垂らしてしまった時にも安心。
万が一濡れたままにしても、かびることなく、しっかりと乾くでしょう。
オイル汚れもすぐに落とせば、残ることはほとんどありません。

エンジニアブーツはこのように、丈夫で機能性が非常に高いブーツとして知られています。

エンジニアブーツはファッションの決め手

エンジニアブーツはこのように、丈夫さと機能性が取り柄のブーツです。
ですが、見た目もしっかりとかっこよく、ライダーが履くには正にピッタリの商品だと言えるでしょう。
エンジニアブーツにはいくつか選ぶポイントがありますので、好みで選んでみてください。

まずは、エンジニアブーツのレザーカラーです。
レザーと一口に言っても、様々なカラーがありますので、好みのカラーを選んでみてください。
ファッションに合わせやすいように、茶色系やブラック系がおすすめでしょう。

そしてサイズです。
エンジニアブーツはしっかりとサイズが合っているものを選ばないと、正しい効果を得ることが出来ません。
自分のシューズサイズに合っているかを、しっかりと試着して確認しましょう。

Share this article

SLhar7uK