ハーレーの荷物積載術

12月 24, 2017 - SLhar7uK

Comments are off for this post.

キャンプツーリングなどに欠かせない荷物を乗せるには?

キャンプツーリングなどに行く際には、テントや食料品、寝袋やランタンなど、様々な荷物を積み込むでしょう。
車と違ってバイクは、どうしても元々の荷物積載量が少ないため、ある程度量を持っていくのであれば、工夫をして積載する必要があります。

ハーレーダビッドソンの場合は、シリーズによって積載量が非常に多いものもあります。
キャンプツーリングなどに行くためにバイクを購入するのであれば、そうした観点でバイク選びをすることが重要でしょう。
シートの下、後ろのシートなど、様々な積載部分が搭載されているファミリーもありますので、いくつか見比べてみてください。

積載量は選択するバッグによって異なる

既に持っているバイクの積載量をアップさせたいという場合。
専用のカスタムアイテムがありますので、そうしたアイテムを駆使して、荷物の積載量をアップさせましょう。

まずは、バイクの後部に取り付けるケースです。
二人乗りをすることが出来る部分に、専用の大型ケースを取り付けることで、ケースに直接、様々なアイテムを入れることが可能になります。
商品によっては、折り畳みテントや折り畳み椅子なども楽々入れることが出来ますので、運ぶ荷物量によって、ケースを選ぶと良いでしょう。
ハーレーの場合は、元々バイクサイズが大きいこともあって、比較的大きなケースを取り付けても、安定して走れるという方も多いようです。

次に、バイクの後輪サイドに取り付けることが出来るリュックやケースです。
バイクで旅をしている方などがよく利用している、サイドケース的存在ですが、こちらも積載量をアップさせるために大事なケースでしょう。
こちらの場合は、ケースサイズをあまり大きくしたり、左右違った重さにすると、運転が安定せず、転倒の原因に繋がる恐れがあります。
バイクを運転する時のことを考えて、取り付けるケースを選ぶようにしてください。

他にも、自分でリュックを担いでしまうのも、荷物積載量を上げることが出来る方法と言えるでしょう。
こちらの場合はあまり重い物を担ぐと疲れてしまいますが、食料品やちょっとした着替えなど、詰め込むことがおすすめです。
軽くてこまごまとしたものは、出来るだけこちらに入れると安定するでしょう。

積載方法には十分注意しましょう

後部座席などにシートを取り付ける際には、きちんと取り付けを行う必要があります。
取り付けを適当に行った結果、運転中にシートが外れたり、タイヤと接触して火花が飛び散るなどの事態が起きることもあるのです。

大きな事故に繋がらないためにも、取り付け時には確実な取り付けが大切です。
また、荷物を乗せたらタイヤと接触するという場合もありますので、その点もよく確認しましょう。

Share this article

SLhar7uK